統計学が多くの占い師の占術法の元となっているのか?

いろんな数字が頭の中を駆け巡るイメージ

占いはよく、統計学であるといわれているのですが、実際は統計学ではないでしょう。そして噂話のように化学的根拠がないといえばないのですが、あるといえばあるのです。

占いをしてくれる占い師というのは特別な力を持っているわけですが、この特別な占い師の力があることによってさまざまなことが占いを見てもらうことから読み取ることができるのです。

この読み取りがとても大事であり、それが重要なのですが化学的根拠がなかったとしてもあたるものはあたりますし、あたらないときはあたらないということになります。

信じる、信じないは人それぞれの考え方がありますので、なんともいえないのですが、あたるのかあたらないのか、そして信じるのか信じないのか、これは人それぞれの問題や価値観の違いともいえるでしょう。

統計学とよく間違えられることもあるかもしれませんが、統計をとって答えを導き出しているというわけではありませんので、それがすべてではないのです。

やはりいろいろなことをこれまでに実績として持っている上で、そして占い師の特別な力があってこそだと思いますので、一概にはいえないでしょう。

これから占いを受ける人にとっても、きっとそれは同じだと思いますので、ぜひただ単なる統計上のケアを出しているのではないということは理解しておいたほうがいいかもしれません。

そのように考えたほうがとても楽な考え方をすることができると思います。楽な考え方をすることができれば単純に心から占いを信じることができると思いますし、それが占いをいい方向に自分を導いてくれることにもなるはずですから、上手な使い方をするなら気持ちの持ちようもとても大事だといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です